The site now contains images from my fourth exhibition, Graphical Landscapes, at Gallery Omizubata (web site: terra.jp/omizubata; click for GoogleMap ) in Karuizawa, August 16-17, 2017.  I hope you will drop by if you will be in the area during the show.  Meanwhile, please view the images included in the show by clicking on the image above

Graphical Landscapes

Traditional painters created the illusion of three dimensional depth on the two dimensional surface of a canvas by including well-defined foreground, middle ground and back ground subjects to enhance the illusion of three dimensions. Landscape photographers often use these same techniques to compose scenes giving the viewer a sense of scale.

Much of my landscape work over the past year has focused on more graphic images. These photographs rely less on the illusion of depth. Instead, they try to appeal to the viewer through an interplay of shape and color in two dimensions. This approach also borrows from painting, including modern abstract art. 

The internet has made the sharing of images from great landscape locations widely available and can be challenging to present a fresh view.  Graphic landscapes sometimes offer opportunities to show something different.  Images of this graphic type form the majority of my work presented in this exhibition. I hope you enjoy them. 

Christopher J. LaFleur

恒例の軽井沢写真展「グラッフィクな風景」を下記のように開催します。

•8月6日(日曜 )〜 8月17日(木曜)

•場所:ギャラリー御水端 (軽井沢町旧軽井沢2337   tel.0267-31-6125 GoogleMap クリックしてください)。

お時間のある方はぜひ、お出かけください。 又、このウェブサイトでも写真を公開しておりますので、  下の写真をクリックして、展示写真を是非ご覧下さい。

グラッフィクな風景

伝統的な画家は前、中、後ろにある物を二次元のカンバスに描き、目の錯覚を利用して三次元の奥行きを創った。風景写真家もしばしば同じ尺度の原理を使い、イメージを構成する。

この一年間、私の多くの作品は、どちらかと言うとグラッッフィクなイメージを創ることを意識している。奥行の錯覚を使わず、形と色を使って二次元で表現し、鑑賞する人の知性に訴えるアプローチである。絵画、特にモダンアートのやり方を参考にしている。

この頃はインターネットで、息を呑むほど美しい景観に関する情報、そこで撮った画像が簡単に共有できる。ただ、このような場合、新たな魅力を見つけるのは難しい。逆に、グラッフィックな景色には新たな発見がある。この度は、グラフィックな手法で撮った写真を多く展示した。お気にいっていただければ、光栄である。

クリストファー J.  ラフルアー